クラミジアを放置しないこと

クラミジアとは、クラミジアトラコマチスという細菌が原因で起こる性感染症です。
基本的に、回し飲みやトイレの便座、風呂などで感染することはありませんが、性器や喉から感染することがあります。
つまり、性行為による直接接触性の感染になります。

症状は男女で異なっています。
男性の場合、症状が現れないことも多く、気づかないうちに性交渉を重ねていることが多くあります。主な症状としては、排尿時の違和感や痛み、尿道のかゆみや不快感、膿のような分泌物などの症状が現れ、悪化すると発熱などの症状が出てきます。
女性の場合は、感染しても半数は自覚症状が現れないと言われています。主な症状としては、おりものの増加や下腹部の痛み、不正出血、性行為の際の痛みなどがある場合もあります。
放置しておくと、男性は前立腺炎や精巣上体炎など病気になり、女性は卵管の炎症や卵管性不妊症、子宮外妊娠の原因になってしまいます。
男性よりも女性の方が、放置しておくとより深刻な症状になってしまうため。初期症状の段階で対処することが大切です。
また、男女共になるのが咽喉クラミジアで、喉の腫れや痛み、発熱などの症状が現れます。オーラルセックスによる感染が原因とされ、感染者が近年増えています。

クラミジアは放置しておくと、不妊などの原因になり、エイズなどの性感染症の感染リスクも高まります。不安な人は、医療機関で検査することができますが、抵抗のある人は国の認可を受けた検査機関で郵便による検査も実施しています。
自然治癒することはなく、治療は抗生剤を利用しておこないます。治療の際には、パートナーや配偶者などが二人揃って治療することと、クラミジアを放置しないことが大切です。

参考サイト↓
あんしん通販薬局でクラビットのジェネリック薬品『レボクイン』を購入しましょう
バルトレックス:バラシクロビル│通販でヘルペス・帯状疱疹を治療