性感染症として有名なクラミジアについての情報を掲載しています。

性病科の医師

クラミジアとstdチェックについて

stdチェックは性病に感染しているかどうかを判定することができる検査で、自宅で血液などの必要なサンプルを採取して郵送するとWEBで結果を知ることができる仕組みでプライバシーが守られるので、クラミジアなどの若者に多いとされる感染症の検査にstdチェックを使うことが多くなっています。検査項目は自分で選ぶことができるのでクラミジア検査を含むタイプの検査を選ぶことで感染の有無を確かめることができます。stdチェックでは26種類の細菌について検査をすることができるので、不安に思っている感染症を選んで検査を受けることができます。クラミジアは喉にも感染することがあるので、性器だけではなく喉の検査もしなければならないのですが、この場合には感染の可能性があると思われる性行為から2日から3日程度経過していれば十分に正確な検査結果を得ることができます。クラミジアと淋病の感染を調べるタイプが人気となっていて、短時間で検査をすることができるので、若者を中心に人気となっています。HIV検査を受けることができるのですが、陽性反応が出た場合には医療機関で引き続き検査を行わなければなりません。クラミジアなどは医療機関で正確な検査をすることができますが、結果を知るためには2回通院しなければならないので費用と時間がかかるので、stdチェックで感染の有無を調べてから医療機関で治療をする人が増えています。代表的な性感染症とされているのはHIVとクラミジアでこれらの検査を受ける人が多くなっています。クラミジアは世界的にも感染者を増やしている細菌で、症状が軽いのであまり医療機関を受診しないのですが、放置していると不妊の可能性のある感染症です。