性感染症として有名なクラミジアについての情報を掲載しています。

性病科の医師

クラミジアは性器が合体する性交渉で感染と病院の検査

クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が繁殖、主に過激な性行為によって感染する性病の1つです。

以前はクラミジアは目にすみつき、トラコーマとよばれる結膜炎のようなものを引き起こしていました。

しかし最近では下水の整備、ほとんど毎日お風呂に入ったり、顔を洗うので、清潔に保たれるようになりめったに見られることはありません。

今はクラミジアは女性なら子宮けい部、膣、子宮などの性器、男性なら尿道や男性器にすみついており、性行為でこれらをなめたりしゃぶったりするオーラルセックス、アナルセックスなどで感染することが大半です。

たとえば女性が男性の性器をなめしゃぶるフェラチオという行為をすると、もし男性の尿道にクラミジアがいれば、女性は喉に感染するかもしれません。

そういう場合性病症状としては、喉の炎症やせき、痰が絡んだりしたり、鼻が痛くなったりします。
風邪のような症状に悩まされます。

一方、ピンポン感染した男女が、オーラルセックスすれば女性の場合性器の奥深くまでクラミジアが侵入、拡散されます。1度の性行為で50%というのですから、その感染力は強力です。

性病症状としては男性は尿道から膿がでたり、女性はおりものに異常がでたりします。
おりものの量が増えたり、パンティーに色がついたり、時には不正出血する場合もあります。

これらの性病症状が出たら、早めに病院、クリニックに行き、適切な治療を受けるべきです。

クラミジアはほうっておいても治らないので、これらの症状がでても放置すると女性の場合最終的に不妊症になることもあります。

また子宮、卵管が炎症し激痛が起こったり、腰の周りが痛くなることもあります。

いずれにせよ気になる症状がでれば性病を視野に入れて検査する必要があります。