性感染症として有名なクラミジアについての情報を掲載しています。

性病科の医師

性病科でないと性病は治せないのか

性病について相談している患者性病は自覚症状が出ないことが多いので、性病科を受診しようと思うひとにはそれなりの事情があります。
症状が出る直前に性行為があったとか、自分は無 症状だがパートナーが性病と診断されたとかです。
ですから性病科でないと性病は治せないのです。

ほとんどの性病は簡単に治せる病気ですが、治療するタイミングを逃してしまうとなかなか治りにくい病気になって しまうこともありますから、思い立ったらすぐに病院に行きます。
医者の前に行くと、うまく話せなくなってしまうひとがいます。
性病科では特に恥ずかしいという意識が働いて余計に説明できないことがあります。
医者は必 要な情報以外について根掘り葉掘り聞くようなことはいたしませんから、恥ずかしがらずに聞かれたことに落ち着いて答えていただければ結構です。

性病科の診 察で重要なのは、いつからどのような症状があったのか、そして、原因となる性行為はいつごろで、その相手は誰なのか、ということです。
「相手」とはおおまかに「パートナー」「付き合っている人」「行きずり」「風俗店」等々です。
「パートナー」と「付き合っている人」の場合にはその人の検査治療が必要だからです。
それ以上の詳しいことは聞く必要もありませんし、ご本人の許可なくしてパートナーに病状を知らせることもありませんからご安心です。