性感染症として有名なクラミジアについての情報を掲載しています。

性病科の医師

感染症新法とは

裁判所世界ではさまざまな病気がありますが、世界基準の感染症新法という法律があります。
この感染症新法は、199年4月1日より、感染症の予防や感染症の患者に対する医療に関する法律として施行されました。
この法律が出来たことにより、感染症に対して世界基準で、特に発展途上国の感染症に関して、様々な感染症のガイドラインを作成することが出来るようになっています。
この感染症新法は、1887年に制定された伝染病予防法が改定されて出来ています。
最近の生活環境の変化や、抗生物質やワクチンの開発などが行われ、医学は発達しています。
このような状況の中で感染症は少なくなりましたが、近年増加傾向にあります。
それは交通網の発達で、海外旅行に行くと言うことが気軽に出来るようになったり、輸入生鮮魚介類の増加などが原因となっています。
2003年8月に4類感染症というものが設けられましたが、5類感染症も新設するというように考えられています。
この分類は現在1類から4類、そして指定感染症と新感染症に分類されています。
1類感染症は感染力が強く、危険性が極めて高いものとされています。
数字が大きくなるにつれてその危険度は弱くなっていきます。